健康・体調

セルトラリンを増量(75mg)したその後のやる気

やる気はでてきたけど、それ以上の焦りにやられてます 今日は、いつもの4週間に一度の不安症の診察日。SSRIであるセルトラリンを50㎎から75㎎に増量したとブログ記事を書いてから数ヶ月。実は最初に副作用で、胃腸の調子が悪くなったので、...
カサンドラ症候群

カサンドラ症候群のメカニズム-怒りに隠された恐怖や不安

「空気が読めない夫と突然キレる妻」の心理学を読んで この記事は、臨床心理士の滝口のぞみ氏の著書『「空気が読めない夫と突然キレる妻」の心理学』を、参考にしています。 滝口のぞみ氏は、前に紹介した精神科の宮尾益知医師のどんぐりクリ...
日々のこと、おもうこと

未来が不安すぎて、何も耳に入らないとき

占い動画って、明るい未来を見せてくれる、アファメーションとして最高! でも、どん底の時って、そんな気力もない。 涙がこぼれてきたら、病院へ行こう。お医者様は、あなたの味方になってくれるはず。 とりあえず、眠ること。すべてはそれからでいいよ。
スポンサーリンク
カサンドラ症候群

「消えたい」と言われてどうしていいかわからない-カサンドラ症候群あるある…?

カサンドラ症候群は、職場でも親子間でも起こりえます。 自分の気持ちを整理できず、相手にうまく伝えられない自閉症スペクトラム(ASD)の子供とのすったもんだの末、ひとつの方法をみつけました。 お互い理解したいのにうまくいかない親子に、
日々のこと、おもうこと

素直に甘えられるようになりたい

デグーの健康のためにエアコンをつけたら、自分が不健康になってしまった。 風邪で寝込んで、家族の優しさに嬉しくなったり、怖くなったり。 素直に甘えられる甘え上手になりたいと思ったエピソードです。
カサンドラ症候群

カサンドラ症候群-相手の共感力の乏しさは、治らない現実

人は、共感して貰うことで、自分に自信が持て、明日への元気が出てくるものです。もし、身近な人が共感力に乏しい人で、世間からは良い人だと思われていたら、誰にも相談できずに、どんどん追い詰められていきます。自分が経験し、気持ちに整理がついたので記事にしました。
健康・体調

【セルトラリン】やる気がでないのは、薬が十分に効いていないかららしい

セロトニンを、増やす薬を飲んでいるから、ぼ~っとするのだと思っていたら、まだ十分に薬の効果が出ていないかららしい。 ということで、少し増やしたので、頭がクリアになってくれたらいいな。
日々のこと、おもうこと

子育てを終えて、ペット(デグー)を飼う

愛情ホルモンといわれるオキシトシンは、スキンシップや、ペットのふれあいで分泌されます。 デグーという小動物を飼い始め、空の巣症候群や、不安症にも回復効果ありです! 小さな動物であっても、絆が出来ると、生きる元気が出てきます。
愛着障害

幸せ脳の作り方

セロトニンを増やして幸せ脳をつくる こんにちは、みのりです。オキシトシンについて、もっと知りたくて、オキシトシンを生活に取り入れる生活術【「脳の疲れ」がとれる生活術-癒しホルモン「オキシトシン」の秘密】と【脳からストレスを消す技術】...
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました