いつだって犬が幸せな理由 アランコーエン著

本ごとの記事一覧
スポンサーリンク
スポンサーリンク

物事を複雑にしていることを思い出させてくれる本

こんにちは、みのりです。
こちらの本、「いつだって犬が幸せな理由」は、小難しい話は嫌!という時に、是非読んでほしい。

スピリチュアル系や自己啓発本で有名な、アランコーエン氏の著書。
彼の愛犬マンチーからの、心のレッスン。笑えるエッセイ集です。

傷つきたくなくて、物事をどんどん複雑にしていることに、気づかせてくれます。
マンチーのように、好きのものは好き、嫌いなものは嫌!

”自分のことよりも人に優しく”なんて教えられてきた日本社会では、ただのわがままだと思われがちだけど、人に優しくするためにこそ、自分の気持ちを大事にすることが大切でそうしたいと思いました。

そして、自分の気持ちをあらわすのが、こんなにも臆病になっていることに気付くことができます。

もちろん、相手によっては、素直な自分を出すのが危険なときもあります。

私は、子供の時に、はしゃいで怒られたことが未だにトラウマになっているので、嬉しさを表現するときに慎重になります。
そんな私だから、受け入れられているマンチーとご主人との関係が、参考になり、希望がわいてきます。
こういう関係を築くことも出来るんだ♪と。
詳しくは、別記事にて、書いています。
下記にリンクを貼っておきますので、是非よんでみてください。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました