カサンドラ症候群

カサンドラ症候群-相手の共感力の乏しさは、治らない現実

人は、共感して貰うことで、自分に自信が持て、明日への元気が出てくるものです。もし、身近な人が共感力に乏しい人で、世間からは良い人だと思われていたら、誰にも相談できずに、どんどん追い詰められていきます。自分が経験し、気持ちに整理がついたので記事にしました。
健康・体調

【セルトラリン】やる気がでないのは、薬が十分に効いていないかららしい

セロトニンを、増やす薬を飲んでいるから、ぼ~っとするのだと思っていたら、まだ十分に薬の効果が出ていないかららしい。 ということで、少し増やしたので、頭がクリアになってくれたらいいな。
日々のこと、おもうこと

子育てを終えて、ペット(デグー)を飼う

愛情ホルモンといわれるオキシトシンは、スキンシップや、ペットのふれあいで分泌されます。 デグーという小動物を飼い始め、空の巣症候群や、不安症にも回復効果ありです! 小さな動物であっても、絆が出来ると、生きる元気が出てきます。
スポンサーリンク
愛着障害

幸せ脳の作り方

セロトニンを増やして幸せ脳をつくる こんにちは、みのりです。オキシトシンについて、もっと知りたくて、オキシトシンを生活に取り入れる生活術【「脳の疲れ」がとれる生活術-癒しホルモン「オキシトシン」の秘密】と【脳からストレスを消す技術】...
愛着障害

親切の効能②-自分のために人を許してみる

「親切」は驚くほど体にいい!-幸せ物質オキシトシンで人生が変わる 愛着を形成するのに、重要な鍵であるオキシトシンを出したいと思い見つけた本、ディビット・ハミルトン著の【「親切」は驚くほど体にいい!-幸せ物質オキシトシンで人生が変わる...
愛着障害

親切の効能①-オキシトシンの作用

「親切」は驚くほど体にいい!-幸せ物質オキシトシンで人生が変わる こんにちは、みのりです。愛着を再形成するのに、オキシトシンが重要な鍵であると知り、オキシトシンをどば~っと分泌させたい!!と見つけた本のご紹介です。ディビット・ハミル...
愛着障害

すべては、愛着からはじまる

悩みのほとんどは、人間関係だと言われます。人との絆をうまくつなぐことが出来ないのは、乳幼児期に母親(養育者)との間に信頼関係や安心感が得られなかったことが始まりだそうです。生き辛さが残っているのは、どこかで母親に愛されたかった思いを引きずっているのでは?新しい絆をつくることに目を向けていきたい。
本ごとの記事一覧

社交不安障害-岡田尊司ver.-

社交不安障害 理解と改善のプログラム こんにちは、管理人みのりです。こちらは、カサンドラ症候群と同じ著者、岡田尊司先生が書かれた本です。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateO...
本ごとの記事一覧

焦りグセがなくなる本 水島広子著

いつも何かに追われていると感じたら読みたい本 こんにちは、みのりです。今日は、焦りグセがなくなる本の紹介です。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b=b|...
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました