2019-10

名言

弱さを受け入れることが大人になること

年を取って出来ないことが増えてくるこれからは、出来ないことに助けを求め、感謝をあらわし、自分の出来ることで恩返しをする。それが愛される年寄りの秘訣ではないだろうか。
健康・体調

運動嫌いが、てっとり早く自律神経を整える方法

体を動かすことが嫌いなら、せめて筋肉を温めよう。筋肉をあたため、熱エネルギーを全身に行き渡らせることで、不調が改善。首のスジを押すことは副交感神経を刺激することになるので、健康への近道。
内向型・HSP

外向型が内向型にイライラする理由

大多数の外向型からみた、変わり者の内向型 エネルギーの源が内向型は充電式バッテリー、外向型は、ソーラーパネルに似ている。それそれの、エネルギーの得方、上手なエネルギーの使い方を知ることで、お互いを認め尊重しあっていきたい。
共依存・モラルハラスメント

モラルハラスメント被害者!?星の王子さま

モラハラ加害者は巧妙で、被害者本人ですら気づかせずに罪悪感を抱かせ支配しようとする。さらに追い打ちをかけるのは、まわりからのセカンドハラスメント。有名な星の王子さまの物語をモラルハラスメントという視点からみて書かれた安富歩氏の「誰が星の王子様を殺したかーモラルハラスメントの罠」の紹介。
内向型・HSP

あなたは、内向型左脳派?それとも内向型右脳派?

右脳優位か左脳優位かを知ることで、自分に向いた学び方をはじめ、より自分を理解するのに重要です。自分に適した環境を作ることができ、自己評価を高めることになる。
内向型・HSP

大人しい人の科学的根拠-内向型の脳と外向型の脳

学校では、明るくて友達が多くて、元気はつらつなタイプが、ほめられ、内向的でおとなしい子供は、劣等感を持ちやすい。劣っているからではなくて、脳のしくみのせいだった。内向型が無理に外向的になろうとすることは、陸にあがった魚のよう。これからは内向型を活かしていきたい。
内向型・HSP

内向型気質なだけで、おかしいわけじゃなかった

友達100人なんていなくても、平気だったのに、おかしいと思わされた小学生時代。多くの内向型の人は、外向型優位の社会の中で自信が持てずにいる。劣等感が生まれ長い間、苦しんできたが、おかしくないと知り自分が愛おしくなった。
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました