2020-01

発達障害・不登校

次男、お前もか!兄弟で不登校

不登校でも、苦登校でも、自分の歩んできた道。がんばってきたからこそ、今ここに自分が存在する。理解して貰える人を探すのが一番の薬だと実感します。
発達障害・不登校

長男と発達障害

子供の不登校や引きこもりは、信じて寄り添うことが一番だと思うけれど、限度がある。子供のケアはもちろん親のケアも必要。途中つまづいても、逃げても、またエネルギーチャージをしてから、取り組めばいいと思う。
日々のこと、おもうこと

まわりの人の変化で、気づけば好転していた

自分は変わっていなくても、自分をとりまく人達に変化があって、知らない間に好転していたことに気づきました。その時々に、自分が正しいと思う選択をしていたことが、ようやく実を結び始めた嬉しい予感がします。
スポンサーリンク
日々のこと、おもうこと

生きがいは、必要なのか

こんにちは、みのりです。以前、あまりにも体の凝りがひどくて、鍼治療に通っていたことがあります。局所的なものではなく、身体全体に鍼とお灸をしてもらって、身体全体を整えるものでした。中国医学では、気血の状態が脈にあらわれるらしく、脈診というも...
日々のこと、おもうこと

不安症での診察(家にいると、問題なし)

不安症になり、仕事をやめ平和な日々。今落ち着いているのは、薬の効果か、仕事をやめたからか、考えてみた。
健康・体調

恥ずかしいぐらい運動不足すぎる人のための第一歩

ストレッチをするのさえ、難しい人のための運動の本。運動不足すき、体力なさすぎの私がみつけたセルフケアの本です。
健康・体調

更年期症状で指が曲がる!?

女性の9割がなるといわれるへバーデン結節。更年期に悪化するともいわれています。対処法はテーピング。その紹介とエストロゲンとの関係。
日々のこと、おもうこと

人を見極めるのは自分基準でいい

自分の感じることを素直に受け止めることが、自己肯定感を高めたり、人との距離感のとりかたをスムーズにする。できれば誰かに持て余した自分の感情を「それでいいんだ」と認めて貰えれば、自分にもまわりの人にも優しくなれる。自分のことは見えないことが多いから。
自己啓発

自信さえつけば…は、やらない言い訳なの!?

私自身、自信がほしくてずっともがいてきました。今も、すぐに不安になります。そんな人におすすめ本「自信をつける21の夢を叶えるコーチング」の紹介。 新たな自分に変わるのではなく、自信は既に自分のなかに備わっています。自分のなかの自信に気づかせてくれます。
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました