リラックスブック たかたまさひろ著

本ごとの記事一覧
スポンサーリンク
スポンサーリンク

恥ずかしがりやとは、自分のことしか頭にない利己的な人!?

こんにちは、みのりです。
こちらの本は、勢いのある人に圧倒され、内気だと被害者になりやすいと、思っている時に、はっとさせられる本です。

気が弱い自分を、かわいそうと思っている自分に、喝!をいれられた感じ。

著者自身、同じような衝撃を経験し、そこから心の持ちようによって、人生を変えられるんだということを知り、この本で、それを強く訴えたかったそうです。

本の最初に、このように書かれています。

ある本で見つけた言葉に、脳天を割られるような衝撃を受けました。
「恥ずかしがり屋とは、最も利己的な人のことを言う。
彼は自分のことしか頭にない」

それまで私は、自分を心の清らかな人間だと思っていました。
こんなにも純粋な人間を、傷つけようとする非道な人たちから、いかに自分を守るか、その戦いが一生の課題だと思っていました。
鎧のように固められた心の垢を全て削ぎ落とし、そして生まれ変わりたい心の底からそう思いました 

リラックスブック たかたまさひろ著より

わたしは、この心の垢とは、被害者意識ではないかと、感じました。

愚痴を言い続ける人は、現状を変える努力をせずに、そこに居座り、助けようとする人の手を、取ろうとはしません。
「でも~~」「無理」そう言い続ける。

機能不全家族で育っているので、無力感からそうなるのは、よぉおく、わかります。
だけど、そうしている限り、道は開けないのです。

それに気づかせてくれます。
無力感、無価値感から動けなかった私の、ターニングポイントになった本なので、この著者の本は是非とも読んで欲しいです。
詳しくは、別記事にて書いていますので下記のリンクからどうぞ♪ 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました