自分の正義を貫いても相手の正義を否定しない人になりたいと思った話

日々のこと、おもうこと

こんにちは、今年の春は、寒暖差が激しくて、身体がついていかないみのりです。
みなさんは、大丈夫でしょうか。

体調のせいもあって、いつも以上に集中力が続かなくて、困っています。
今、オルゴナイトの記事を書いているのですが、そこで疑問が湧いてきて、ネットで調べたけれど、解決しなくて、はじめてyahoo知恵袋に質問しました。

パワーストーンのことで、物理?化学?的なことを知りたかったんですね。
結果、質問したことを後悔しました。

私とすると苦手な分野で、「教えてくださ~い」ってお願いモードだったけど、頂いた一人の方の回答が、すごく嫌味で、久々にむかつきました。

パワーストーンのことだったけど、スピリチュアル的効能ではなく、性質のことを知りたかったので、サイエンスのジャンルで質問したんですね。

そしたら、「そんなことも知らないのに、このジャンルで聞いてくるな」みたいな回答。

yahoo知恵袋は、上目線な回答が多いときいていたけれど、びっくり。
その回答者は、すごい回答数で、自分の情報は、いっさい載せず、回答数も多いけど削除している数も多数。(なんでも、最初に回答するとポイントがもらえるとか…)

なんか、そこの主にでもなった勘違いをしてるんじゃないだろうかと、いらっときました。
嫌味をいうだけで、自分は偉いんだぞと言いたいがために、回答してくれたみたいで、ありがたいと思えなかったです。

以前に、”この人卑怯だな”と思った人が、知恵袋の回答の記録を目指してると言ってたことを思い出して、その人の分までイラっとしてしまった。

(そんな嫌味な人は一部で、親切に回答してくださる方も多いです)

ちょうど、そばに息子がいたので、こんな言い方された!と話をしたら、「ほんまやな、暇なんやで、そいつ、気にしなくていい」と、共感してもらい、怒りがおさまり、落ち着きを取り戻しました。
共感してくれる相手って大事♪


正直、すごくむかついたし、傷ついたけど、そういう嫌なことがあると、新たな気付きが得られますよね。

リンドウの花の花言葉は正義

私は、父親がお酒を飲むと、権力を振りかざし、相手をねじ伏せようとするところが、すごく嫌いでした。
なので、上から物申す人には敏感に反応してしまう。

普段、大人しくて従順なキャラなので、強気の立ち向かうキャラにかわり、怖がられます…じゃなく驚かれます(笑)

仕事でも、相手が弱い立場で言い返せないのがわかってて、えらそうに言い続ける人とか、どんなに立派な役職があっても、尊敬なんかできなかったなぁ。

ひとり、尊敬できる管理職の人がいて、その人はいつも、始業ぎりぎりに来られるんですね。
それは、朝が弱いわけではなく、上司よりも早くに出社しないといけないと思っている部下に配慮しているんです。
高卒で管理職になった人なので、人への配慮はすばらしく、部下に怒鳴っていることをみたことがなかったです。
クレームなど相手が怒っていても、冷静に相手の話をきける人でした。
そして、決しておごらない。
見習いたいです。

人って、それぞれ生きてきた環境が違うし、自分が正しいと思っていることも、微妙に違うと思うんです。
でも、日本人に多いらしいですが、やたら正義を押し付けてくる人、その正義に反したら、ここぞとばかりに攻撃してくる人いますよね。

芸能人の夫婦や不倫で、めちゃバッシングする人がいますが、なんて熱いんだろうって思います。
自分のことでもないし、テレビの向こうの人で、さらに、その夫婦の問題で関係ないやんと思うのですが、その人の正義が許さないのかな。
私の上目線の過剰反応のように。

自分の考えや意見と違った時、「そういう考えもあるね、でも私はこっち」と冷静に話せる人のことを尊敬するし、自分もそうなりたいと改めて強く思いました。

その人と違う意見を言った時、「すみません、あなたが正しいです」と言わせるまで、いかにこちらが間違ってるか、ヒステリックにわめき散らす人が、そばにいた過去があるのですが、そういう人とは、争わず距離をとるのが一番!だと思います。
逆に、争って断絶するのもひとつの手。
ただ、そういう人は執念ぶかいから、下手すると、悪化するか…?
難しいですね。

それぞれが自分の正義をもっている。
それを忘れたらいけないなと思う。

そしてお互いの正義を尊重できたら素晴らしいですよね。
私は、まだ尊重できるまで、器が大きくないけれど、「あなたの正義を受け入れることは出来ないけど、私の正義も受け入れなくてもいいですよ」ぐらいならいける。

なりたい自分、尊敬できる人物が具体的にわかると、道の先の光が大きくなります。
まるで、あなたの進むべき方向は、こっちだよ~と手招きしてくれてるみたいに。

友達の少ない私ですが、ひとり、気兼ねなく話せるお仲間さんがいます。
その彼女は、相手を否定することなく、自分と違った意見を、「へぇ、そういう考えもあるんだ」と吸収する人です。
否定されないとわかっていると、すごく話しやすい。

今までの私は、人それぞれの正義があって、相手も悪くないから、受け入れなければと思っていました。
けど自分とは反するし、自分の正義を信じたいしと、ジレンマによく襲われていました。

(と、いうことを今回のブログを書きながら気づけました!

決断するって自分を信頼するってことなんですね。

久々にむかついたことも、無駄ではなかったということにしておこう。

それでは、最後までお読みくださりありがとうございました(*^_^*)
しばらく、気温も変動があるようなので皆様も体調には気を付けてくださいね。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました